MENU

ワキガは汗そのものが臭うわけじゃない?

ワキガは、汗が臭うものだと思っていませんか?

 

じつは、それは正しくありません

 

というのも、汗というのは本来臭いがないものなのです。
ではいったい、何よってあの嫌な臭いが生み出されるのでしょう?

 

 

まず、ポイントとなるのが汗腺の種類です。

みなさんも、汗といってもサラッとして気にならないときと、ベタついて不快なときの両方に経験がありますよね。
じつは、これは汗が2種類の汗腺から分泌されるために出てくる違いなんです。

サラッとした汗はエクリン腺から、ベタつく汗はアポクリン腺という汗腺からそれぞれ分泌されています。
このうち、アポクリン腺から分泌される汗こそが、あの嫌な臭いを生み出す元となるのです。

 

エクリン腺から出る汗のほうは、普段はおもに体温をコントロールするために使われています。
激しい運動をすると汗をたくさんかくのは、上昇した体温を下げようとしているわけですね。あとは、寝汗もこのエクリン腺から出る汗です。
このエクリン腺から出る汗も、皮脂と混ざることで臭いを生み出しますが、これはいわゆる汗臭いという程度の臭いなので、あの独特な臭いのワキガとはまったく違うものです。

 

ワキガというのは、もう一方のアポクリン腺から出る汗が、肌の上の雑菌と混ざることによって生み出されるものなのです。
つまり、アポクリン腺から分泌される汗も、じつはかいたばかりのときには臭いはないものなんですね。

 

このようなワキガの仕組みをよく考えたうえで作られた対策用品が、ノアンデです。

ノアンデは汗自体をコントロールするとともに、臭いを生み出す雑菌を退治して、ワキガを元から断つための協力な作用を持っているのです!